森久保乃々「あなたの瞳を」

5pt   2021-05-04 07:03
SS古今東西

1 ◆i/Ay6sgovU:2016/08/27(土) 00:03:48.38 ID:FC6wSZy00



"人の目というのは針のようなものだ――"

森久保乃々は、常々そう考えていた。


"誰かに見られている"

そう思うだけで乃々の心は締め付けられ、その心臓は駆け足で音を鳴らす。

なにも何万もの人に見られているわけではない。

そこにいるのがたとえ1人だとしても、その目線は乃々に突き刺さり、その内側までも探られている気分になる。




SSWiki : c?ro=1&act=rss&output=no&id=6056135&name
   ss速報アンテナトップページへ
ssの話題が沢山。