魔王子「僕が美しすぎて世界征服とかどうでもいい」

3pt   2019-08-13 23:07
SS・小説のまとめ - SSプラス

1: ◆WnJdwN8j0. 2015/09/06(日) 18:08:59.19 ID:G/XGonwb0 姫「…」

少ない乗客を乗せた馬車は揺れていた。
車内は会話もなく、ただ重々しい空気が流れている。

姫(もう国境は抜けた…どんどん近づいているんだ…)

姫(人間の敵。魔物の王がいる、魔王城が…)
2: ◆WnJdwN8j0. 2015/09/06(日) 18:09:19.68 ID:G/XGonwb0 >魔王城



魔王子「僕は何て美しいんだ」

魔王子は姿見にへばりついていた。

側近「あのー…? 魔王子様、聞いてらっしゃいます?」

魔王子「僕の美しさは周囲の情報を遮断する。故に聞いていない」

側近「鏡を見るのをやめて下さい」

魔王子「くっ、何てことだ…あまりの美しさに目が離せない!!」

側近(あーもう)イライラ

側近(魔王様が志半ばでぎっくり腰を患われてしまい、魔王子様が志を継ぐしかないというのに…)

側近(肝心の本人が自分にしか興味がないナルシスバカという始末…あぁ、嘆かわしい!!)

魔王子「僕は鏡の精霊に魅入られたのか…。あぁっ、美しすぎるというのは、十字架を背負うことでもあるんだね…!!」

側近「うっせーわ」
魔王子「僕が美しすぎて世界征服とかどうでもいい」https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441530538/ c?ro=1&act=rss&output=no&id=8032578&name
   ss速報アンテナトップページへ
ssの話題が沢山。